リハビリ

【PTが解説】安いマッサージガンで十分!

こんにちは! PTなのに体が硬い、、、こんぶです。

マッサージガン、メディアにも出てどんどん流行ってきてますね。

筋肉を速くほぐせるので、時短としてもリハビリの自主トレとしても活用できます。

そもそもマッサージガンって何?という方はこちらの記事をどうぞ。

それにしてもマッサージガンって高い!

大阪なおみさんがCMしている「ハイパーボルト」は5万円以上!(ひえー!)

created by Rinker
¥43,497 (2024/03/02 13:31:31時点 楽天市場調べ-詳細)
アイコン名を入力

マッサージガンにはここまで金出せない・・

という方がほとんどではないでしょうか?

そんな皆さんに この記事で言いたい事はひとつ!

マッサージガンは高いものを買う必要なし!

私は職場で「ハイパーボルト」を使っていて、家では1万円ほどの「リカバリーガン」を使っています。

高いものも、リーズナブルな物も使ってきた感想を踏まえ、解説していきますね。

マッサージガンに必要な機能とは?

必要な強度は?

私たち理学療法士がマッサージガンを使う時の振動数30Hzで使用します。

実はこの振動数、安いマッサージガンの「弱モード」で十分出せるなんです。

2つのマッサージガンの振動数を見てみましょう。

ハイパーボルトとリカバリーガンの振動数の比較

種類弱(Hz)中(Hz)強(Hz)
ハイパーボルト304053
リカバリーガン384858
取扱説明書参照

ご覧の通り、弱モードで十分クリアしています。

中や強にすると、筋肉がよりほぐれる感じがしますが、効果としては変わりません。

なので、振動数のレベルが5段階あっても、3段階でも振動数が30Hzさえ超えていれば、十分マッサージガンとして使えます。

アタッチメントはたくさん必要?

ほとんど使いません!

アタッチメントとはマッサージガンの先端に付けるパーツの事で色々な種類があります。

ハイパーボルトだとこれぐらい付属品で付いています。

https://hyperice.jp

ですが、実際に使うのはこの2つぐらい。

この丸っこいのがあれば身体のほとんどに使えます。

骨が近いところとか、細い筋肉の時に

こういう細いものを使います。

この2つで十分!

なので、高くてアタッチメントが沢山ついている物は選ぶ必要はないですよ!

高いマッサージガンは何が違うの?

ハイパーボルトに関してですが、個人的にはほとんどは広告費で高くなっているだけだと思っています。

それぐらい、使っての使用感は変わりないからです。

静音性が高い?

メーカーとしては特徴の一つに静音性が優れていると上げています。

特許を取っている「Quiet Glideテクノロジー」で強くても静か!っと言っていますが、

実際どれほど違うのか、データはHPには出ていません。

確かに静かな感じはしますが、「そう言われれば静かかな?」というレベルです。

アタッチメントの素材がいい

これは私の感想ですが、ハイパーボルトのアタッチメント素材はいいと思います。

サラサラとしたハダ触りのいいゴムを使っているので当てている感じは気持ちいイイです。

他の安いマッサージガンだとこんな質感です。(少しわかりにくいかも)

素材がEVAという樹脂製で超硬いスポンジみたいな感じです。

効果に違いがあるわけではありませんが、この質感はハイパーボルトの方が気持ちがいいですね。

おすすめのマッサージガンは?

リカバリーガン一択ですね。

ハイパーボルト(以下HV)とリカバリーガン(以下RG)の比較

  • 機能(振動数)はHVとRGはほぼ同じ
  • 価格は1/5:HV5万円、RG 9千円
  • 軽量:HV1100g 、RG620g
  • コンパクト:HV横17cm x 縦25cm、RG横11.5cm×縦16cm

コスパ最強なんです。

created by Rinker
¥9,900 (2024/03/02 13:31:32時点 楽天市場調べ-詳細)

ちなみにアタッチメントは4種類ついています。

アタッチメントが多い方がイイ方はこちら

もっとアタッチメントが多い方がイイって方は、HVの類似品でも問題ないですよ。

中国産ですが、うちの職場ではヘビーユーズで2年以上持ちました。

これもHVと何ら変わりないです。

格付けチェックで出ても絶対違いは分からんと思います。

まとめ

色々書いてきましたが、

マッサージガンは値段や知名度ではなく機能(振動数30Hz以上)を見て選んでくださいね!

安いのでも全然大丈夫です。

ありがとうございました!

ABOUT ME
りはこんぶ
リハビリテーション病院に10年以上勤務する理学療法士です。回復期病棟・訪問/外来リハビリを行ってきました。リハビリの正しい情報、最新の福祉用具の情報があまりに少ないと思っています。リハビリを頑張っている方、そのご家族の助けになれば幸いです。リハビリについての相談も随時受け付けておりますので、お問い合わせフォームからどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA