福祉用具

理学療法士が勧める リハビリ歩行器 大人用

坂道も怖くない歩行器

おススメのリハビリ用品・福祉用具について紹介していきます。

こういう福祉用具って、カタログを見てもサイズや値段ぐらいしかわからないですからね。

私は10年以上理学療法士をしていますので、実際に患者さんと使ってみて良かった物を紹介していきます。

今回は歩行器です。

歩くのが不安定な方が使うので、安定性はまず大事ですよね!

ですが、歩行器ってタイヤが4つついているので、歩き方や場所によっては危ない時もあります。

  • パーキンソン病など突進様の歩きになってしまう方
  • 歩行器にもたれて歩く方
  • 家の周りに坂道が多いとき

そういう時におススメするのがこちらの歩行器です。

コンパルという歩行器です!見かけるようになったのは6年ぐらい前ですかね。

何が優れているかというと・・・?

このタイヤです!

タイヤの中で自動ブレーキ

抑速ブレーキというらしいですが、つまりは

速度が速くなるほどで抵抗が強くなるんです。

タイヤの中にブレーキが入っていて、速度が速くなるとタイヤを止める力が働く仕組みです。

速度が速くなるほど止める力が強くなります。

なので、下り坂でもスピードを抑えながら歩くことができ平地でもスピードが出すぎることなく安全に歩けるんです!

youtubeにアップされていたので、載せておきます。

歩行器の中でも安定性はトップレベルだと思います。この歩行器でないと歩けないという方もいらっしゃいます。

デメリット

ただし、デメリットもあります。

①重たい

歩行器自体が8.9kg

一般的な歩行器だと5~6㎏ぐらいなのでちょっと重く感じます。

家の前に階段があると出し入れが大変なので保管場所を考える必要がありますね。

ちなみに折りたたみんで置いても自立はできます。

②スピードは遅い

そもそも安定性重視でスピードを抑える設計なので、スピードは出にくくできています。

普通の歩行器で一人で外出ができている様な方は、逆に歩きにくく感じるかもしれません。

ただ、ブレーキの強さは3段階自分で調節できるので、歩きやすいように調整するといいと思います。

また、タイヤは後輪が左右に振れないので方向転換するときは大回りになります。

広い家でないと屋内では使いにくいかもしれません。

まとめ

重さや機動性に問題はありますが、安定性ではトップレベルの歩行器

「CONPAL」を紹介しました。普通の歩行器を使っていて転ぶという方は試してみる価値ありだと思います。介護保険でのレンタルで扱っている業者もあるので、問い合わせてみてください。

created by Rinker
¥66,000 (2024/07/18 13:52:42時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA